×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住み替えって?

住み替えが一般化してきましたね。

「家族が増えて住まいが狭くなったから住み替えしたい。」

「転勤で住み替えしなければ。」

「子どもたちが独立して住まいが広過ぎる。」

「趣味が充実できる住まいに住み替えたい。」

「通勤がたいへんだから住み替えたい。」

「利便性の良い場所に住み替えたい。」

「自然がいっぱいの環境の中で子育てがしたい。」

「新しい一戸建て住宅に住み替えたい!」

などなど理由は様々ですが、一生涯同じ家に住む時代は終わりましたね。
生活のスタイルや質で充実した暮らしを考えることができる時代へと移行しています。

賃貸住宅の住み替えにしろ、住宅購入による住み替えにしても、新居探しはたいへんだけど楽しい作業ですね。
しかし、現在住んでいる住まいの売却、不動産、工務店など仲介業者の選定、税金問題、住み替えローンの契約に引越し手続とかなり重労働です。また、建て替えによる住み替えは新居を建て替えている間の仮住まい探しと2回の引っ越しには、かなりの手間と苦労が必要です。建て替えでカラダを壊した話しは良く聞く話しですね。住み替えにはパワーが必要です。
だから、なかなか実現しないことが多いんですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

住み替え支援機構って?

住み替えのお手伝いをしている「住宅プロデュース」や「建築プロデュース」と呼ばれる仕事があります。
高齢者・シニアの方の住み替えを円滑に進めてくれる「移住・住み替え支援機構」はご存知でしょうか。
有限責任中間法人「移住・住み替え支援機構」(JTI)に、マイホーム借り上げ制度というものがあります。
子育てが終わり、次のシニアライフを充実したものでおくるために、

「子育て期に建てた住まいを住み替えたいが、買い替えするにはリスクが大きい。」

「現在の住まいは、築20年以上の家だから売ってもほとんど価値がない。」

「現在の住まいを手放したくない。」

などの悩みを解消し、シニアの方の移住・住み替えを支援するサービスです。
「移住・住み替え支援機構」が、50歳以上のシニアが所有する一戸建て住宅やマンションを借り上げて、終身もしくは3年以上の一定期間を子育て世代に割安な家賃で貸し出すというもので、空き家になっても、家賃は「移住・住み替え支援機構」が保証しますので、シニアの方の貸す側にとってはリスクを最小限に抑えられるメリットがありますね。

シニアの方で移住や住み替えを少しでもお考えでしたら、有限責任中間法人「移住・住み替え支援機構」に一度ご相談されてみては如何でしょうか。

住み替え体験談?

住み替えをスタートさせたいのだけど、不動産取引は難しい。

「本当にこの業者で間違いないんだろうか?」

「この場所、立地環境にこの大きさや広さで金額は妥当なのだろうか?」

「不動産業者との会話はチンプンカンプン?」

「交渉の駆け引きがわからない!」

などなどと本当に面倒ですね。

「交渉の達人」と言うサービスをご存知ですか。
交渉のプロが物件を調べて資料を準備し、案内の段取りをして気に入った物件の価格交渉をしてくれるサービスなんです。
海千山千の不動産業界、不動産取引の方法すら知らない一般人には、ホント助かるサービスがあるんですよ。
購入に関して、購入したい次の住まいが中古住宅の場合、一大決心をして住宅を購入したのに、住んでみると雨漏りがしたり、水ハケが悪かったり、なかには住まいが傾いていた!なんてことが無きにしも非ずです。

中古住宅の場合、保証期間は契約後2ヶ月です。
その後のトラブルは自己負担。だから、素人判断は危険でした。一級建築士もしくは二級建築士の免許を持ち、現場経験10年以上のベテランインスペクター(検査員)が代わって現場を調査してくれる「建築の達人!出前サービス」がありました。
どちらのサービスも、無料コンサルティングで仲介手数料半額のe-住み替え(株式会社ネクストコーポレーション)のサービスです。
住み替えするなら検討すべきですね。



Copyright © 住み替え情報館 住みかえしよう! All Rights Reserved.

チャート上に描画が可能